韓食を代表して

韓食を代表して導いている韓国外食業中央会(中央会長ゼガルチァングギュン · 以下中央会)と韓食財団(理事長ユンスックザ), 大韓民国伝統食べ物総連合会(副会長シンテフン)が我が国の固有のお酒である伝統株活性化に出る。
韓国外食業中央会と韓食財団、大韓民国伝統食べ物総連合会は 19日ソウル中区所在ナムサンゴ-ル韓屋村で ‘伝統株製造人力養成のための業務協約’を結んで小規模伝統株製造兔許取得などを含んだ教育に相互協力する事にした。
その間酒類は総合酒類と特定酒類主として製造と販売が可能であった。 しかし去る 2月 5日政府は一般飲食店で濁酒と薬酒 · 清州を直接製造して販売することができるように酒類製造兔許要件を緩和させて全国韓国式食堂が小規模酒類製造兔許を取得して販売ができるようにする ‘酒税法施行令’を改正した。
これによって中央会、韓食財団、連合会は ‘小規模伝統酒類製造兔許’ 取得に対する今年の日初試験事業で首都圏と忠清圏素材韓国式食堂 20ヶ所(ソウル地域 10ヶ所、京畿地域、5ヶ所、忠青地域 5ヶ所)を対象で該当の食堂だけの固有したお酒を教育して兔許を取得させる予定である。 また 2017年からは全国にある韓国式食堂を選別して伝統株活性化事業を持続的にする事にした。